株式会社39thanks

DRAGON CLAW 使い方

「DRAGON CLAW」

「DRAGON CLAW」かぎ爪×2

「DRAGON CLAW」使い方

かぎ爪2つを用いた「DRAGON CLAW」の使い方です。campfireのページで掲載していた使い方を、あらためてこちらでも掲載します。
傘をハンズフリーで使う場合は、取っ手をかぎ爪2つで掴んで首にかけるようにお使いください。
折り畳み傘のような小型軽量の傘であれば、かぎ爪1つで固定保持が可能。身体にまきつけるように固定ください。
かぎ爪で500mlのペットボトルをドリンクホルダーとして。固定保持のポイントは、脇下に回したポールを、ドリンクホルダーとして掴んでいるかぎ爪と一緒に掴むと、しっかりと固定保持できます。
かぎ爪2つを用いれば、タブレットのスタンドホルダーとしてご使用できます。

「DRAGON CLAW」使い方②

持ち手持ちやすくわっかを作ることで、自撮り用延長ポールとして使えます。
画像の通り、首にかけて脇下へポールを巻いてください。アクションカメラは好みの位置で固定保持できます。
画像の通り、首にかけて脇下へポールを巻いてください。ジンバルカメラは好みの位置で固定保持できます。
手すりをかぎ爪で固定する際は、画像の通り一度巻きを作ると安定したスタンドとして使えます。巻きを作らないと自重で傾斜しやすくなります。

「DRAGON CLAW」使い方③

カメラの重量によっては、自重で傾斜しやすくなります。その際は画像の通り、ポールが首元で曲がる箇所に、もう片方のかぎ爪で固定してください。傾斜が軽減されます。
カメラの大きさにもよりますが、ハンディビデオカメラを直接手の変わりにつかめます。
手持ちの三脚を利用することで、大型のカメラやビデオカメラを、三脚ごとハンズフリーに使えます。三脚に対して、かぎ爪2つで掴み、そのまま首にかけて使用ください。
【撮影ポイント】 ①~③までの、固定の仕方をすることで、より安定して撮影をすることができます。 ①カメラに装着したポールをかぎ爪で掴む ②もう片方のかぎ爪で、折り曲げている支点を掴む ③付属のマジックテープでより固定する ※検証したカメラ重量は、約680gとなっております。 それ以上の重量に関しまして、未検証となります。あらかじめご了承ください。

「DRAGON CLAW」使い方④

机にかぎ爪で固定する際は、画像の通り一度巻きを作ると安定したスタンドとして使えます。巻きを作らないと自重で傾斜しやすくなります。
机にかぎ爪で固定する際は、画像の通り一度巻きを作ると安定したスタンドとして使えます。巻きを作らないと自重で傾斜しやすくなります。
車内の手すりを使って固定保持ができます。

「DRAGON CLAW」使い方⑤

付属の固定用マジックバンドを使うことで、壁面など高い位置に設置する際に使えます。通常は掴んだ物の自重により、固定保持が困難で傾斜する場合でも、固定用バンドを画像の通り活用することで、傾斜するのを防いでくれます。
固定バンドは両方のかぎ爪に対して、ひっかけるようにお使いください。

「DRAGON CLAW TWINS」

「DRAGON CLAW」かぎ爪×1 スマホホルダー×1

「DRAGON CLAW TWINS」の使い方①

スマホホルダーをフレキシブルアームに取り付ける際はアーム先端に「=」の印がついている方へ 取付ください。印がない方が、 かぎ爪用となります。

「DRAGON CLAW TWINS」の使い方②

かぎ爪1、スマホホルダー1つを用いた「DRAGON CLAW TWINS」の使い方です。campfireのページで掲載していた使い方を、あらためてこちらでも掲載します。
スマホをスマホホルダーで固定し、もう片方のかぎ爪でハンディファンを掴むことが可能。
ハンディファンの変わりに、軽量の折り畳み日傘を掴む等、アレンジもOK。
スマホをスマホホルダーで固定し、もう片方のかぎ爪でハンディライトを掴んで、スタンドライトとしても使用OK。
アクションカメラと組合わせれば、片手でスマホモニターとアクションカメラを固定保持できる。

お問い合わせ

Mobile QR Code

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。
PAGE TOP